シミ対策としてトレチノイン&ハイドロキノンを使っている人は多いですよね。
トレチノインには角質を剥がす効果があるので、トレチノイン&ハイドロキノンを
続けてくるとポロポロと角質が取れる、いわゆる皮剥けが起きてきます。
また皮剥けと並行して皮膚の赤みが気になる方も出てくるでしょう。
しかし、皮剥けや赤みが出てくると不安になってしまう方も多いようです。
まず言っておきたいのはこれは正常な反応でトレチノインの効果が出ていることを
表していて、逆に何も変化がない場合は効果が出ていない可能性が高いです。
皮剥けはいつまで続くのか?といった声もありますが、トレチノインを塗れば続きます。
残念ながら皮剥けをしないための塗り方や方法などはないということです。
もちろん体質によってひどい皮剥けを起こす人もいればさほど皮剥けしない人もいます。
重要なことは、皮剥けが起こっても自分で皮を剥かずに自然に剥がれ落ちるのを
待つことと、肌がヒリヒリして我慢できないような場合はトレチノインだけを
一旦休止してハイドロキノンだけを塗り続けるようにしましょう。
トレチノインの休止期間は、病院などだと1週間程度と言われることが多いですが、
個人の方だと3日~5日程度でトレチノインを再開させる型が多い印象です。
また肌への影響や状態はトレチノインやハイドロキノンの濃度によっても違います。
参考までにトレチノイン塗布後1週間から2週間の間は皮剥けが起こるイメージです。

関連>>トレチノインの通販で安くて安心・安全なのは?